花嫁未満エスケープ11話のネタバレと感想・無料お試し読み【何年も前から婚約指輪を準備!?尚紀の決意とは?】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
11話未完結

 

 

こんにちは!漫画花子です。
NINOシリーズの『花嫁未満エスケープ』11話を読みました。

 

 

この11話を読めば読むほど、
尚紀がゆうのことを愛していたことがわかりました。

 

 

それは…何年も前から尚紀は
ゆうへの婚約指輪を用意していたこと!

 

 

じゃあなんで、
早くゆうに婚約指輪を渡さなかったんだろう…。

 

 

と思います。

 

そう思うと、結婚ってやっぱり
タイミングが大事なんだなぁ…。
って思いました。

 

 

尚紀もいつかはゆうと結婚する!

 

 

と心の中では決めていたのかもだけど、
言葉や態度にしないとわからないし、
難しい所ですよね。

 

 

その時点ですでに、
お互いすれ違っていたんだと思います。

 

 

更に、この11話では
ラブラブな深見とゆうの間に、
再び婚約指輪をもって尚紀が現れる?

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ11話のネタバレ

ゆうの仕事終わりを待ち伏せしていた尚紀。

 

 

しかし、ゆうは尚紀の気持ちに
答えることはなかった。

 

 

『何回も反省した』

 

 

ゆうは、家に着くまで
尚紀の”何回も反省した”という言葉を
思い返していました。

 

 

もう遅い…。

 

 

そう思いながら、家に帰ります。

 

 

「おかえり」

 

 

ゆうが帰ってくると
深見はおかえり!といいます。

 

 

なんとなく、暗いゆうの様子に
深見は何かあった?

 

そう聞くのでした。

 

何年も前から婚約指輪を準備!?尚紀の決意とは?

ゆうは、ニコッと笑って
仕事が忙しくって。

 

そう言います。

 

 

そして、少し沈黙した後に、
松下尚紀という男性を
知っている?

 

 

そう聞くのでした。

 

 

その名前を聞いた深見は、
そのことについて俺も話そうと思ってた。

 

 

そう言います。

 

そのあと、
尚紀が深見の取引先の相手であること。

 

 

ゆうも尚紀が元恋人であることを伝えます。

 

花嫁未満エスケープ11話の結末

ゆうは言います。

 

 

子供っぽい所はあるけど、
根は悪い人じゃない。

 

 

さっき、花束を持って現れたけど
私はもう、どんな花束も受け取らない。

 

 

そうゆうは言います。

 

 

その話を聞いて、深見は花束か…。

 

 

そう思うのでした。

 

 

「迎えにいくよ!」

 

そして、
今度からゆうの仕事終わりに
迎えにいくよ!

 

 

そう深見は話します。

 

 

そんな、深見にアタフタするゆうだけど…。

 

花嫁未満エスケープ11話の感想

まだまだ、未練タラタラの尚紀がこの11話で
描かれていました。

 

 

その姿は痛々しい…。

 

 

この後、尚紀が挽回することはあるのだろうか?
と思いつつも、

 

 

なんとなく、ゆうも、
尚紀の事を気にかけている気がしました。

 

 

さぁ、尚紀は婚約指輪をもって、
どうするのでしょうか?

 

 

続きが気になる所です。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ12話のネタバレと感想・無料お試し読み【好きだけど、一緒にいるのが怖い?深見とゆうのすれ違い!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です