愛も過ぎれば毒となり2巻のネタバレと感想・無料お試し読み【過干渉と放置教育!?正反対の文彦と絹】

愛も過ぎれば毒となり
作者名 :菊屋きく子
3巻未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
「愛も過ぎれば毒となり」2巻を読みました。

 

 

絹の夫 文彦が気になりすぎてつい、
2巻も読んでしまいました~♪

 

 

そして、問題の文彦。

 

 

この文彦と絹は正反対の環境で育った2人でした。

 

 

 

絹の親は過干渉、それに対して文彦の親は放置。

 

 

 

つまり、
文彦は子供のころから親が忙しく
構ってもらえないで育った人だったのです。

 

 

お互い異常な親から育った2人だったけど…。

 

 

なぜか絹が母親のことや、
幼い頃のことを話したわけでもないのに、
文彦は知っているように話していました。

 

 

絹の心にスッと入り込んでい来る文彦だが…。

 

 

やっぱりその不思議な行動が
気になります。

 

 

なぜ、絹の母親を説得できたのだろうか?

 

 

「愛も過ぎれば毒となり」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「愛も過ぎれば毒となり」と検索してください。
※登録無料・継続課金

 

愛も過ぎれば毒となり2巻のネタバレ

嗣人のカフェの開店祝いに
お店を訪れていた絹。

 

 

「義兄さんのおかげだね」

 

 

今の幸せは義兄さん(文彦)のおかげ。と話す嗣人。

 

 

絹もうなずきながらも、
母から逃げることを
決意した日を思い出すのでした。

 

 

「逃げちゃえばいいんですよ」

 

 

母のことを話すと、
文彦はそういうのは、
逃げちゃえばいい。

 

 

そう言います。

 

 

そして、その日絹は、家に帰ると
母に話します。

 

 

家を出ると…。

 

過干渉と放置教育!?正反対の文彦と絹

社会人4年目になるし、
絹は家を出て一人暮らしをしようと思う。

 

 

そう、母親に話します。

 

 

すると、
母親は鬼のような表情になり、
絹を見る。

 

 

「ダメなの!!!」

 

 

母親は絹が家を出て行くと話すと、

 

 

絹がいないとダメなの!

 

 

と取り乱し…。

 

 

家の2階の窓際に立って、
飛び降りようとします。

 

 

絹は慌てて弟の嗣人を呼び、
母親を止めようとする。

 

愛も過ぎれば毒となり2巻の結末

『ドサッ』

 

 

しかし、
間に合わず母親は2階から
飛び降りるのでした。

 

 

幸いにも木の葉がクッションとなり一命を取り留めます。

 

 

病院に運ばれベッドで寝ている母を見て絹は思う…。

 

 

 

『私は一生このまま』

 

 

そう思うのでした。

 

 

次の日、嗣人が母親を見ていて
絹は仕事に出ていました。

 

 

「もうすぐ母の日だね~」

 

 

そんな話を会社の同僚達が話していました。

 

 

そして、絹にも母の日のプレゼント何にする?

 

 

とフラれる…。

 

 

絹はうちは何もあげない。

 

 

そう話すと、
同僚達に、絹のお母さんが可愛そう…。

 

 

そんな風に話されるのでした。

 

 

そして、それを見ていた文彦が…。

 

愛も過ぎれば毒となり2巻の感想

絹が家を出て一人暮らしをする。

 

 

そう言った時のお母さんの顔が本当に
怖い!ヤバい人でした。

 

 

そんな母親から、
結婚の承諾を得た文彦。

 

 

一体、どうやって母親を説得させたのだろうか…。

 

 

漫画を読んでいるとその本性が
ダンダンわかってきそうですが、
この2巻では文彦の本性がまだわかりません。

 

 

気になるからやっぱり、
3巻も読まないとですね。

 

 

『愛も過ぎれば毒となり』はBookLive!で
165円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『愛も過ぎれば毒となり』と検索してください。

 

 

 

愛も過ぎれば毒となり3巻のネタバレと感想・無料お試し読み【文彦の嘘!?絹が義両親に電話をすると?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です