その恋は甘すぎる3巻のネタバレと感想・無料お試し読み【司と千鶴の初デート!?恋愛感情に気が付いたら…】

その初恋は甘すぎる
~恋愛処女には刺激が強い~
作者名 :陽華エミ・itoka
10巻未完結

 

 

こんにちは!漫画花子です。
「その初恋は甘すぎる~恋愛処女には刺激が強い~」3巻を読みました。

 

 

この3巻も司からのアプローチが甘すぎる~。

 

 

それなのに、千鶴はそのことに気が付かない所が
良いですよね…。

 

 

普通は気が付きますが( *´艸`)

 

 

この3巻では、
司と千鶴の初デートと
恋愛感情を意識する千鶴が描かれていました。

 

 

男の人と一度も
付き合ったことがない千鶴が初デート。

 

 

お堅い千鶴だけど、
どんなデートをするのか気になる所です。

 

 

しかし、司はホスト。

 

 

さすがという、
話術のプロでもあるから、
楽しい時間を過ごことができます。

 

 

恋愛にもホストという職業にも
うとい千鶴だが、司がどういった人なのか、
この3巻で徐々にわかってきます。

 

 

真面目で堅い千鶴だからこそ、
そんな司を知ると混乱する?

 

 

「その恋は甘すぎる」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「その恋は甘すぎる」と検索してください。
※登録無料・継続課金

その恋は甘すぎる3巻のネタバレ

『小さいころから
好きで今も変わっていない…。』

 

 

そんな風にさりげなく言う、
司を思い出した千鶴。

 

 

そして、仕事中に、ホホを赤らめる。

 

 

しかし、その意味を恋愛感情としてなのかを
千鶴自身認識していませんでした。

 

 

『明日は初デート』

 

 

男性と一度もお付き合いしたことない千鶴は、
明日の司との初デートにドキドキしてならないのでした。

 

司と千鶴の初デート!?恋愛感情に気が付いたら…

千鶴は司と出会って少しづつ変わってきました。

 

 

それは、
仕事でも今までない穏やかな表情を
見せたり…。

 

 

時には微笑んだり…。

 

 

今までお堅いイメージしかなかった千鶴の
表情に同僚達もドキッとするほど。

 

 

そしてその夜、司はお客の対応をしていた。

 

 

「触れていいと言ったか?」

 

 

お客の女性が司の膝に触れると、
誰が触れていいと言った?

 

そう冷たく言います。

 

 

その言葉にパッと手を離すお客。

 

しかし、そんな司に
ホホを赤らめるお客なのでした。

 

その恋は甘すぎる3巻の結末

司の店で働くホスト達は、
司の噂をしていた。

 

 

客には冷たいのに、
事務所にいるあの女はなんなのか!?

 

 

司みずから”まかない”も作るし特別扱いだ…。

 

 

そんな話になります。

 

 

しかし、その謎はホスト達の間では
わからないまま。

 

 

そして、ついに千鶴と司の初デートの日。

 

 

司の隣を歩く千鶴は、
人の視線が気になってしまう。

 

 

それは、周りの女性が司を見ているからだ。

 

 

初デートの場所は、
幼いころ一緒にいった遊園地。

 

 

そして、2人の初デートは…。

その恋は甘すぎる3巻の感想

恋愛に、うとい千鶴。

 

 

そして、この3巻で司への恋愛感情に
気が付きました~♪

 

 

千鶴が今後どうなっていくのか
楽しみです。

 

 

司としては、
すでに千鶴に溺愛している感じなので…。

 

 

しかし、ホストという仕事内容を知らなかった
千鶴は司の仕事を内容を知って大丈夫なのでしょうか…。

 

 

純粋で真面目という感じがするので!

 

 

『その恋は甘すぎる』はBookLive!で220円
読むことができます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『その恋は甘すぎる』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です