わたしの幸せな結婚15話のネタバレと感想・無料お試し読み【冷酷無慈悲の軍人!清霞の圧倒的強さが怖い?】

わたしの幸せな結婚
作者名 :顎木あくみ・月岡月穂
15話未完結

 

こんにちは!

顎木あくみ先生原作の『わたしの幸せな結婚(漫画)』15話【譲れないもの】です。

 

 

 

続きが気になり小説も読んでしまった私ですが、
この15話、漫画でのシーンも、ものすごく良かったです。

 

 

まさに、
読者を裏切らない描き方に
感動します。

 

 

この15話では、美世を助けに来た
清霞VS辰石・斎森家との
戦いになります。

 

 

怒りに満ちた清霞はまさに、
冷酷無慈悲の軍人でした…。

 

 

その表情はかなり怖い。

 

 

そして、
この15話でスゴイのが、
清霞の圧倒的な強さ!

 

 

もう、
戦いにならないほど、
その強さを見せつけていましたね。

 

 

同行している、
辰石幸次でさえその強さに、

 

”うらやましく思う気さえ失わせる強さ。”

 

と言っています。

 

そして、この15話捕らわれた美世もまた、
別の意味で戦っています。

 

『わたしの幸せな結婚』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『私の幸せな結婚』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

わたしの幸せな結婚15話のネタバレ

斎森家の門を雷で焼き払った後、
中に入る清霞と幸次。

 

 

使用人達も、
あまりの衝撃に家主 斎森真一の所に
駆け付けるのでした。

 

 

斎森は清霞を見て、額に汗を流す。

 

 

「これはいったい…」

 

 

斎森はそう話すと、
清霞は美世はどこにいる?

 

 

そう問うのでした。

 

冷酷無慈悲の軍人!清霞の圧倒的強さが怖い?

斎森はまさか、美世のために
清霞がここまで来るとは思っていなかった。

 

 

美世の居場所を言わない斎森。

 

 

 

清霞は再び問う。

 

 

美世を嫁がせようとしたのは、
守るためだったか、それとも
父親の愛情がないのか…。

 

 

斎森は清霞の問に、
無能に情などあるはずない。

 

 

そして、
薄刃の血を持つ美世を疫病神。

 

 

そう話すのでした。

 

わたしの幸せな結婚15話の結末

斎森の本心を聞いた幸次は
怒りで言葉がでなかった。

 

それ以上に、
清霞は怒りに満ちた怖い顔をしていた。

 

 

「お帰り願おう」

 

 

そこに現れたのが辰石。

 

 

辰石は言う。

 

美世はもう清霞とは会わないと
言っていると…。

 

 

しかし、
清霞は本人に会って
その言葉を確かめる。

 

 

と前に進もうとすると…。

 

 

辰石と斎森は清霞がこれ以上
進めないように結界をはります。

 

 

その結界に清霞は…。

 

わたしの幸せな結婚15話の感想

15話、ついに斎森家突入です。

 

それにしても、
清霞の圧倒的強さ
すごかったです。

 

 

斎森から美世への本心を聞いた清霞。

 

 

美世を守るまいと、顔が怖い…。

 

それだけ、清霞は、
美世を想っているという事でしょうね…。

 

 

15話では美世と会えませんでしたが、
16話会えるか!?

 

続きが気になります。

 

 

どうしても先読みしたい人は、
漫画はないけど、小説ならありますよ。

 

 

『わたしの幸せな結婚』はBookLive!で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

 

BookLive!はコチラです。
『わたしの幸せな結婚』と検索してください。

 

 

 

わたしの幸せな結婚16話のネタバレと感想・無料お試し読み【美世、清霞と再会!誇るべき義母への抵抗】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です