花嫁未満エスケープ7話のネタバレと感想・無料お試し読み【好きな人の為に我慢をやめる?ゆうが選んだ道】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
7話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
小川まるに先生の『花嫁未満エスケープ』7話を読みました。

 

 

この7話では、尚紀とゆうは別れてしまいます。

 

 

そして、
そんな2人の言い争いは、
妙にリアルでした…。

 

 

尚紀のような彼氏は世の中沢山いそうです。

 

 

ゆうの気持ちを全然わかっていない。

 

 

そして、言わなきゃわからない。

 

 

最後は逆ギレする彼氏。

 

 

「荒れ放題だった庭を誰(深見)かが手入れしたら
急に執着しちゃって…」

 

 

この言葉はその通りだと思っちゃいました。

 

 

釣った魚に餌やらない。じゃないけど、
尚紀がゆうを放置していたのは確かです。

 

 

6話では尚紀に同情した所もあったけど、
これじゃ女は寂しいと思い直した言葉でした。

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ7話のネタバレ

尚紀から深見とのことを聞かれて、
ゆうは黙ってしまいます。

 

 

すると…。

 

 

 

「言えないような関係なんだ」

 

 

尚紀はそう言うのでした。

 

 

尚紀は怒りで体が震えていました。

 

 

しかし、ゆうも言う。

 

 

尚紀は今まで私に関心がなかったくせにと…。

好きな人の為に我慢をやめる?ゆうが選んだ道

ゆうは言います。

 

 

今まで関心がなかったのに、
急に隣に座れと言われても、
どうしていいかわからない。

 

 

私たちはいつから、
キスも手も繋いでいないのだろう…。

 

 

尚紀の中では私はもう彼女じゃなかった。

 

 

ゆうはずっとそう思っていました。

 

 

しかし、深見の事を知って、
今まで放置していたのに、
誰かの手に渡ろうとすると、急に
執着して…。

 

 

ゆうは悲しそうに顔を横に向けます。

 

 

花嫁未満エスケープ7話の結末

周りの友達は、
彼氏からプロポーズして結婚しているのに…。

 

 

私は誕生日すら忘れられて…。

 

 

結婚もしていない尚紀身の回りことを
して家に帰って寝るだけ。

 

 

 

毎日毎日、その繰り返し…。

 

 

ゆうは悲しそうに話す。

 

 

すると、尚紀も反論する。

 

 

その言葉がゆうの気持ちを
わかろうとしていない言葉だった。

 

 

 

今まで我慢していたことが、
一気にあふれ出したゆうは…。

 

花嫁未満エスケープ7話の感想

この7話のゆうと尚紀の言い争ういは
妙にリアルでした。

 

 

彼女の気持ちを察することが出来なかった彼氏と、
放置されてた彼女の言い分。

 

 

彼氏は彼氏でそれで良いと思っていたのに、
彼女は不満でいっぱいだった。

 

 

これは、彼氏彼女のあるある話なのでは!?

 

 

と思った7話でした。

 

 

 

そして、ゆうは深見と付き合うのか?

 

 

続きが気になる所です。

 

 

でも、尚紀もこのままじゃ終わらなそうな予感。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

花嫁未満エスケープ8話のネタバレと感想・無料お試し読み【深見とゆうが結ばれる!?そして、尚紀も?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です