花嫁未満エスケープ6話のネタバレと感想・無料お試し読み【ゆうと尚紀、別れを決定づける出来事!?心は嘘をつけない…】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
7話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
小川まるに先生の『花嫁未満エスケープ』6話を読みました。

 

 

この6話、尚紀を見ていると痛々しい。

 

 

それは、深見からゆうを取り戻すためか…。

 

 

今までの自分ではなく、
繕った自分を演じるからです。

 

 

深見のことも見て見ぬふり…。

 

 

ゆうにも深見のことは聞きません。

 

 

これは、心がイタイ。

 

 

ゆうは、もしかしたら、
このまま尚紀と一緒にいれるかも?

 

 

と思ったのけど、1週間たったある日、
ゆうと尚紀の別れが決定的になる出来事があります。

 

 

これには、尚紀もショックを隠し切れない?

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ6話のネタバレ

尚紀は仕事が終わったゆうの後を
つけていた…。

 

 

そして、ゆうと待ち合わせしていた相手は、
あの深見だった。

 

 

尚紀はゆうと深見が一緒にいる所を
見ても、その時、ゆうに声をかけることは
なかった。

 

 

尚紀に見られていることにも
気づかず、ゆうは嬉しそうに、
深見と歩きだすのでした。

 

ゆうと尚紀、別れを決定づける出来事!?心は嘘をつけない…

「返しておくね」

 

 

ゆうは深見とラーメンを食べながら
部屋の鍵を返します。

 

 

深見はそのカギを受け取ると、
悲しそうな顔をしていました。

 

 

ラーメン屋から出る時、
深見はゆうの背中をポンと押す!

 

 

ゆうは勇樹をもらったかのように
自宅へ走りだすのでした。

 

花嫁未満エスケープ6話の結末

ゆうが自宅に帰ると、
尚紀はすでに寝ていました。

 

 

ゆうは、自宅にいる尚紀を見て
ホッとしている自分に気が付きます。

 

 

自分で家を出て行きながら、
尚紀が自宅にいることに
安心したのです。

 

 

その日、
ゆうは尚紀と同じベッドに入って
寝ます。

 

 

そして、目が覚めると、
もう尚紀はベッドにいなかった。

 

 

ゆうは、
寝室からリビングに行くと
尚紀の行動を疑ってしまう。

 

 

それは、同棲し始めた時の
自分を見ているようだったから…。

 

 

花嫁未満エスケープ6話の感想

この6話では、ゆうを引き止めるために
普段とは違う自分を演じる尚紀に痛々さを
感じてしまいました。

 

 

尚紀はゆうのことが好きなんですね…。

 

 

変わってしまった尚紀を見て、
ゆうも動揺するが、話さなきゃならない事は
決まっている。

 

 

後は尚紀が決めるだけ…。

 

 

別れる時の雰囲気って、
なんか辛いですね…。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円で
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

花嫁未満エスケープ7話のネタバレと感想・無料お試し読み【好きな人の為に我慢をやめる?ゆうが選んだ道】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です