花嫁未満エスケープ5話のネタバレと感想・無料お試し読み【電話の言い訳?ゆうが尚紀に話した事】

花嫁未満エスケープ
作者:小川まるに
7話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
小川まるに先生の『花嫁未満エスケープ』5話を読みました。

 

4話から気になる所満載ですね!

 

 

ゆうが尚紀と電話している時に、
電話越しで男の声が聞こえて…。

 

 

尚紀はかなりショックを受けていましたね。

 

 

そして、この5話ではまだまだ、
尚紀にとってショックなことが起こります。

 

 

それは、ゆうと深見が一緒に居る所を
見てしまうからです。

 

 

そして、尚紀と深見。

 

 

実は仕事関係でお互い知っている人だと
したら?

 

 

『花嫁未満エスケープ』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

花嫁未満エスケープ5話のネタバレ

『切ってしまった…』

 

 

尚紀と電話しているときに、
深見が帰宅。

 

 

尚紀との電話をとっさに切ってしまったゆう。

 

 

そして、深見の声を電話越しで
尚紀にも聞こえたはず…。

 

 

「大丈夫?」

 

 

ゆうの固まっている様子を見て、
深見が声をかけます。

 

 

そして、その拍子にゆうのスマホ画面が
見えてしまう。

 

 

電話の相手はナオキと表示されていました。

 

電話の言い訳?ゆうが尚紀に話した事

「へいき…」

 

 

ゆうは、深見にはそう話します。

 

 

しかし、心の中では、
絶対尚紀に深見との声を聞かれた。

 

 

誤解しているはず…。

 

 

そう思います。

 

深見は彼氏だったら、
ただの友達の所にいるんだから、
そう言えばわかってもらえるでしょ?

 

 

そう言うのでした。

 

 

ゆうは思い返します。

 

 

確かに、女友達だったら、
こんな気持ちにならないはず…。

 

 

深見もただの友達…何ともないはず…。

 

 

そう思い直し、
帰ったら尚紀にちゃんと話そう。

 

 

そう心に決めるのでした。

 

花嫁未満エスケープ5話の結末

一方、自宅にいる尚紀は、
冷えピタも貼らずにそのままソファーで
寝ていました。

 

 

そして、起きると、
昨日のゆうとの電話のことを
思い出します。

 

 

尚紀はスマホを見ると、
ゆうからメールが届いていました。

 

 

『明日休みだから、話そう…』

 

 

ゆうが帰って来る。

 

 

そう思うと、昨日の電話も夢じゃなかったんだ。

 

 

ゆうに男友達なんていたっけ?

 

 

ゆうが男と一緒に居る所を想像すると、
胸がズキズキ痛む尚紀なのでした。

 

 

そして、その日、尚紀が出社すると、
デザイン責任者として、上司から深見が
紹介されて…。

 

 

花嫁未満エスケープ5話の感想

ゆうの電話越しに聞こえた男の声。

 

 

その声の相手が深見であり、
また、尚紀の仕事関係の人として、
皮肉にも知り合うことになる…。

 

 

そして、この5話の最後には、
尚紀が大ショックを受ける出来事が
起こります。

 

 

ダメ彼だけど、
ゆうのことは愛していたんですね~。

 

 

そう思うと、
ダンダン可愛そうになってきました。

 

 

しかし、ゆうが幸せになるには、
深見しかいないのかもしれません…。

 

複雑です…。

 

 

「花嫁未満エスケープ」はBookLive!で165円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『花嫁未満エスケープ』と検索してください。

 

 

 

花嫁未満エスケープ6話のネタバレと感想・無料お試し読み【ゆうと尚紀、別れを決定づける出来事!?心は嘘をつけない…】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です