リモートワーク~カメラの先には(SNSに夢みる女たち)のネタバレと感想・無料お試し読み【私生活がバレバレ!?真面目なあの人が一番ヤバかった話】

SNSに夢みる女たち
#リモートワーク~カメラの先には~
作者名 :廻
1巻完結

 

こんにちは!漫画花子です。

 

廻先生が描く

『SNSに夢みる女たち#リモートワーク~カメラの先には~』
です。

 

 

最近時代の変化によって、
リモートワークが普通になってきた現在。

 

この#リモートワーク~カメラの先には~は、
そんなリモートワークのせいで、
ある人の意外な一面がバレた話が描かれていました。

 

 

更に、自宅で仕事をする。

となると色々問題も出てきそうです。

 

 

例えば…。

 

 

『社内から持ち出すことが出来ない書類はどーする?』

 

 

『リモート会議、家でもスーツを着ないと?』

 

 

『上司に、同僚に私生活がわかって嫌だな』

 

 

『気が抜けてリモート会議忘れていた!?』

 

 

などなど…。

 

 

とくに、パソコンのカメラによって、
背景が見えて、自分の部屋がバレちゃう…。

 

 

散らかっていたら焦りますよね…。

 

 

更に、この漫画では、
そんなリモートワークのせいで、
ある事件が起こったのです…。

 

 

意外とあり得る話かも?

 

 

『SNSに夢みる女たち』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『SNSに夢みる女たち』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)のネタバレ

玉山羽衣は入社半年。

そして、
リモートワーク週4が出来る、
会社に入社します。

 

 

その日、久しぶりに出社すると…。

 

 

「レアキャラみたい…」

 

 

会社の同僚から、
たまにしか出社してこないから
羽衣はレアキャラみたい…。

 

 

そう言われます。

 

 

そんな、同僚に、
最低限出社して、あとは
お家時間を楽しむ!

 

 

と、ガッツポーズをする羽衣なのでした。

 

 

しかし、そんな羽衣に…。

 

 

「無断で持って行ったでしょ!」

 

 

入社5年目の木地谷さんが、
無断で社内の物を持って行った。

 

羽衣にそう言ってきたのです。

 

私生活がバレバレ!?真面目なあの人が一番ヤバかった話

木地谷さんの強い口調に、
羽衣も話していた同僚も固まる。

 

 

「家で仕事するのに…」

 

 

家で仕事するのに、
USBのハブを持っていきました。

 

 

と羽衣は答えます。

 

 

すると…。

 

 

会社の物を勝って持って行って
いい訳がない…。

 

 

そう言って大きなため息をつく。

 

 

「でも…」

 

 

羽衣はでも課長がいいといった。

 

 

と言おうとすると、
木地谷さんは口答えする気!?

 

 

とまた強い口調で話てくるのでした。

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)の結末

「すみませんでした!」

 

 

羽衣は激怒している木地谷さんに、
深々と頭を下げて謝ります。

 

 

 

その姿を見た木地さんは、

 

 

「わかればいいのよ!」

 

 

と怒りながらその場を去っていくのでした。

 

 

木地谷さんが去った後、
同僚がいいます。

 

 

申請書を出せば、
会社の備品も貸し出しOKなんだよ。
と…。

 

 

更に同僚は話す。

 

 

最近十分なほど備品があるのに、
自分が使いたいときに、ない時が多い。

 

 

なんでだろう…と話すのでした。

 

 

そして、また別の日、
リモート会議を行うことに
なったのです。

 

 

その予定を忘れ、
部屋着、ボサボサの髪でリモート会議に
出席することになった羽衣。

 

 

そして、ある事件が勃発したのです。

 

SNSに夢みる女たち(リモートワーク~カメラの先には)の感想

リモートが普通になってきた現代。

 

 

自宅で仕事をしていると、
色々問題が出てきそうです。

 

 

 

更にリモート会議で、
背景だけだとしても、
自分の部屋を見せることになる。

 

 

これを嫌だと思う人は、
意外と多いのでは!?

 

 

と感じる内容でした。

 

 

そして、その背景がキッカケで、
その人の本性がわかるから怖い所…。

 

 

 

『SNSに夢みる女たち』はBookLive!で
150円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『SNSに夢みる女たち』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です