わたしの幸せな結婚12話のネタバレと感想・結末【美世の隠された美しさ?初めてのデートの着物を身にまとい】

わたしの幸せな結婚
作者名 :顎木あくみ・高坂りと・月岡月穂
12話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
『わたしの幸せな結婚』12話 お礼の宴です。

 

 

この12話では美世と清霞の気持ちが落ち着いた所で
五道を自宅でもてなすシーンが描かれていました。

 

 

そして、
初めてのデートで清霞が選んだ
着物が届きました~♪

 

 

この着物を着て、美世がどんな風に
綺麗になっていくか楽しみですね!

 

 

その着物を受け取り、
お母様の形見に似ている着物を身にまとう
美しい美世が描かれています。

 

 

美世は清霞と出会って徐々に心も姿も変わっていきます。

 

 

これからどんな女性に変身するのか!

 

 

それも私にとって一つの楽しみです。

 

 

更に、この12話では、清霞の部下でもある、
五道を呼んで宴を開きます。

 

 

そんな3人の食事会のやり取りが面白ろすぎました。

 

 

『私の幸せな結婚』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
『私の幸せな結婚』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

わたしの幸せな結婚12話のネタバレ

清霞の自宅に初めてのデートで購入した
着物が届きます。

 

 

美世は何も知らなかったので、
沢山の仕立てられた着物を見て驚く。

 

 

「もられません」

 

 

美世はそういいます。

 

 

清霞はそんな美世に組紐のお礼。受け取れ!

とその目は美世ではなく
違う場所を見て話すのでした。

 

 

そして、着物を仕立てた呉服屋が、
これらは清霞が美世が似合うと思って選んだ品。

 

 

そう言います。

 

 

すると、清霞は照れたように、
”プイッ”そっぽを向く。

 

 

そんな二人の様子は初々しいものでした。

 

美世の隠された美しさ?初めてのデートの着物を身にまとい…

美世は仕立ててもらった着物の一枚を手に取る。

 

 

それは、お母様の形見によく似た桜柄の淡い色の着物。

 

 

「ありがとうございます」

 

 

美世はそんな清霞の贈り物を
嬉しそうに頂くのでした。

 

 

美世はその日、
清霞からもらった桜色の淡い着物を着ていました。

 

そして、鏡の前で髪をとかす。

 

 

「仕度をしないと!」

 

 

そして、自分に掛け声をかけるかのように、
夕飯の仕度をするのでした。

 

わたしの幸せな結婚12話の結末

清霞は五道を車に乗せていました。

 

 

「楽しみだなぁ~」

 

 

五道はそう言います。

 

 

それは、美世から五道にこの前の一件の
お礼がしたい。(使用人花のこと)

 

 

と美世から五道を自宅に招いて宴をしたい。

 

 

そう言ってきたからなのです。

 

 

清霞としては、美世から他人に
会いたがるのは喜ばしいこと。

 

 

と思っていながら、
五道の発言になんとなく、
暴力的な感情を抱いてしまう。

 

 

それは、五道から言うと、
”嫉妬”と言われてしまうのでした。

 

 

そして、清霞の自宅につくと、
初めてのデートで買ってもらった着物を
着た美世が待っていたのです。

 

 

その姿を見た清霞は…。

 

私の幸せな結婚12話の感想

今まで不摂生だった美世の心のも体も
徐々に変わっていく所が良いですね。

 

 

そして、美しくなっていく、
美世を見て清霞ももっと美世に
惹かれていく所とか…。

 

 

女に興味がなかったはずの清霞が
ここまで女性に興味を持つ。

 

 

そんな姿が美世自身も読者も喜ばせる
のではないか!?

 

 

と感じながら読んでいました。

 

 

宴の五道と清霞のやり取りも面白いですよ!

 

 

『私の幸せな結婚』はBookLive!で110円
読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『わたしの幸せな結婚』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です