パパがごはんをくれない~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~のネタバレと無料お試し読み・感想【子供の寂しい気持ちに気が付かなかった母親】

パパがごはんをくれない
~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~
作者:天ヶ江ルチカ
1巻完結

 

こんにちは!漫画花子です。
『パパがごはんをくれない~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~』です。

 

 

2018年に起きた5歳児の虐待事件を知っていますか?

 

 

5歳の女の子に、
躾と言って暗い部屋で勉強をさせ、
出来なかったら虐待をされていた話です。

 

 

近年の話なので、
”ピン”とくる人もいるかもしれません。

 

 

この『パパがごはんをくれない
~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~』は
その内容を元に描かれています。

 

 

虐待はここ近年増加して、
更に、そんなニュースを
よく耳にするようになりました。

 

 

ニュースではサラリの聞いていたこの内容も、
実際、漫画を通して読んでいくうちに
怖くなりました。

 

 

その結末は、
5歳の女の子は命を落とし、
両親は逮捕されて終わります。

 

 

両親が逮捕されるまでの間、
5歳の女の子がどんな生活をしていたのか!?

 

 

読んでいて心が苦しくなりました。

 

『パパがごはんをくれない
~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓    ↓
>>>まんが王国
『パパがごはんをくれない』と検索してください。
※登録無料

パパがごはんをくれない
~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~のネタバレ

路地には街灯がつき、辺りは暗かった…。

 

 

5歳の結衣は勉強してながら
机の上で寝ていました。

 

 

「勉強しないで寝てたな!!」

 

 

父親の哲太が部屋に入ってくると、
寝ている結衣を見て、怒鳴る。

 

 

 

怖い顔をした父親に結衣は、『ごめんなさい』と言います。

 

 

しかし、
父親はそんな結衣の言葉など
耳に入ってこない。

 

 

結衣の髪の毛を鷲掴みにすると、
そのままお風呂場へ向かっていきます。

 

 

「ママ…」

 

 

涙をポロポロ流して、
ママに助けを呼ぶ結衣。

 

 

しかし、ママは小さな赤ちゃんと一緒に
寝ていて気が付かないでいました。

 

 

「入れ」

 

 

お風呂場に連れてこられた結衣。

 

 

裸にさせられ、
お風呂場へ…。

 

 

『昔のパパはこんなことしなかった』

 

 

怒っている父親は結衣に冷たいシャワーを
浴びさせる…。

 

 

「うわっ冷て」

 

 

結衣は顔を左右に振る。

 

 

すると、髪の毛についていた水が
父親にかかります。

 

『ガツ』

 

 

父親はイラついたのか、
結衣の顔をなぐるのでした。

 

 

「ママ…」

 

 

その時、ママが顔を出す。

 

 

結衣は助けてもらえると、
ママを見ます。

 

 

しかし、

 

 

「閉めてやって」

 

 

ママはお風呂の戸を閉めるだけで、
結衣を助けてはくれなかったのです。

 

 

「ゆるしてください…」

 

 

結衣は再び父親に
お風呂場へ連れていかれるのでした。

 

 

子供の寂しい気持ちに気が付かなかった母親

母親が離婚したばかりの頃、
母親は結衣を可愛がってくれていました。

 

 

「ママは結衣が大好き」

 

 

そういって、”ぎゅう”っと抱きしめる。

 

 

しかし、
事が変わってきたのは、
母親が再婚したことから始まります。

 

 

「あたらしいパパ?」

 

 

結衣は再婚相手、
哲太に初めて会ったのが3歳の時でした。

 

 

 

人見知りのせいもあるのか、
哲太には懐こうとしなかったのです。

 

 

そして、哲太も初めは結衣の為に、
くまのぬいぐるみを買ってきて
くれたりしていました。

 

 

しかし、懐かない結衣。

 

 

ダンダン可愛くなくなっていきます。

 

 

次第に結衣への風当たりが強くなって
いくのでした。

 

 

「大好き!」

 

 

ママは哲太を愛していました。

 

 

子供の前でキスをする…。

 

 

その姿を見ながら結衣は
母親が哲太に取られたような、
そんな寂しさを感じるようになります。

 

 

「ママ…」

 

 

哲太を愛するママを見て、
結衣は悲しい顔をしていました。

 

 

パパがごはんをくれない~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~の結末

「違う!」

 

 

箸の使い方が悪いと、
哲太に手を叩かれる結衣。

 

 

「いたいよ…やだ…」

 

 

結衣は嫌な顔をする。

 

 

その顔を見た哲太は
激怒する。

 

 

「その生意気な目は!!」

 

 

2人の様子を見て、
心配したママが駆け寄ってきます。

 

 

「走っちゃあぶないだろ」

 

 

そのころ
ママは哲太の子を妊娠してお腹も大きかったのです。

 

 

そして、お腹をさすりながら、
結衣のようにならないように…。

 

 

哲太はそう願う。

 

 

この時から、
ママ自身も哲太に嫌われないようにと、
結衣よりも哲太の味方をするようになっていました。

 

 

「なまいきじゃないもん」

 

結衣はテーブルをドンドン叩く。

 

 

すると、テーブルにあった飲み物が
こぼれてしまいます。

 

 

『バッチン』

 

 

イラっとした哲太は結衣の頬を叩く。

 

 

「ママ…」

 

 

結衣はママに助けを求めようと、
ママに抱きつきます。

 

 

 

しかし、

 

 

「寄りかからないでよ…」

 

 

ママは結衣を突き放してしまうのでした。

 

 

その後、徐々に躾と言う虐待が
エスカレートしていきます。

 

 

ある日は…。

 

パパがごはんをくれない~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~の感想

2018年と近年の話であり、
実際ニュースでも見たことがある
内容でした。

 

 

実話を元に改めて漫画で読んでみると、
5歳の女の子がどんな生活をしているのか?

 

 

5歳なのに、こんなことまでされていたんだ…。

 

 

と怖くなりました。

 

 

5歳児にしてあまりにも厳しい
両親との20のルール。

 

 

更に最期、
結衣が母親に見せようとしたノート。

 

 

幼いからこそ、
子供の気持ちを察してあげられる母親で
ありたいと感じた話でした。

 

「パパがごはんをくれない
~2018年東京都M区5歳女児虐待事件~」はまんが王国で
読むことが出来ます。

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

まんが王国はコチラです。
『パパがごはんをくれない』と検索してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です