わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻のネタバレと感想【完コピ女の末路!?真琴の怖すぎる価値観】

わたし、映えてる?~SNSの痛い女
作者名 :浅野まいこ
3巻未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』3巻を読みました。

 

 

こういった人本当にいるのでしょうか?

 

 

『ストーカーのような行為までして、憧れの人を完全コピー。』

 

 

『裏アカを利用して、里桜の悪口を書きたい放題。』

 

 

『里桜を批判するようなメールを会社へ送信。』

 

 

周りから見たら、
酷い事象でも、真琴にとっては何が悪いのかわからない。

 

 

この『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』3巻では
人と違った真琴の怖すぎる価値観が描かれていました。

 

 

そんな真琴は会社の人からも、
何を考えているかわからない…。

 

 

そんな風に思われてしまいます。

 

炎上させたことも
すべて真琴の仕業とバレた後、
彼女はそれでも、なぜ自分が悪いのか?

 

 

何がいけなかったのか?

 

なぜ自分が責められないといけないのか?

 

 

理解できなかったのです。

 

 

その価値観を作った原因が
真琴の幼少期になりました。

 

 

人と考え方が違う真琴。

 

 

その末路は
結局彼女にとって幸せに終わるんだろうか?

 

 

「わたし、映えてる?~SNSの痛い女」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「わたし、映えてる」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻のネタバレ

「何考えているんだ!!」

 

 

里桜の彼氏 遼平に抱きつく真琴。

 

 

真琴はすでに里桜になりきっていました。

 

 

『自分=里桜』だと思い込んでいたのです。

 

 

真琴は真琴で、
里桜にはなれない。

 

 

遼平がそう言うと、怖すぎてその場を逃げ去るのでした。

 

 

そんな中、里桜はというと、
あの香水を買ったお店にいました。

 

 

なぜ、真琴があの香水をつけていたのか?

 

 

そんな疑問から、
お店の人に聞いてみたのです。

 

 

すると、
里桜達が香水を買った後、
真琴がお店に来て、同じものを購入していった。

 

 

そう話します。

 

 

そして、同じものを里桜にプレゼントしたい。

 

 

と真琴は話して購入したと教えてくれます。

 

 

店員さんの話は、
真琴が里桜たちの後をつけてきたことを
証明するものでした。

 

 

完コピ女の末路!?真琴の怖すぎる世界

「なんでこんなことを?」

 

遼平は真琴と会った後に里桜と
会っていました。

 

 

そして、なぜ真琴がこんなことを
するのか?

 

 

遼平は理解できませんでした。

 

 

里桜は、自分をリスペクトするあまり、
里桜になろうとしている。

 

 

そう言います。

 

 

2人がそんな風に話していると…。

 

「わっ!!」

 

 

真琴から里桜のスマホにメールが届く。

 

メールには写真も添付されていました。

 

 

その写真は、
真琴と遼平が抱き付いている
写真だったのです。

 

 

遼平は動揺するが、
里桜は冷静だった。

 

遼平と真琴しかいない部屋。

 

 

なぜ2人が写っている写真が撮れるのかと…。

 

 

それは、真琴の部屋に隠しカメラもあるのでは!?

 

 

そんな話になって”ゾッ”とする2人なのでした。

 

 

翌日、真琴は上司に叱られていた。

 

 

それは、任せたはずのバスツアーの企画が
上手く進んでいなかったからだ。

 

 

お客様からも問い合わせが続出している中、
迷惑をかけているようだった。

 

 

その様子を見た里桜は真琴を手伝います。

 

 

そして、
バスツアーは無事終えることができたのでした。

 

 

「いいね欲しいですよ」

 

 

バスツアーの様子をSNSにアップしたのか里桜は
真琴に聞きます。

 

 

真琴はアップしたと話し、
いいねが欲しいから。

 

 

そう言います。

 

 

いいねが欲しいと、
人の目を気にしている人が
SNSで悪質なリプを送るだろうか?

 

 

そんな風に里桜が思っていると、
翌日後輩からあることを耳にします。

 

 

それは…。

 

わたし、映えてる?~SNSの痛い女3巻の感想

人と感覚が違う真琴は、
里桜の完全コピーをすれば、
自分も同じようになれると思っていました。

 

 

しかし、周りから見たら、
里桜の真似をする真琴はただの痛い女だったのです。

 

 

そのことにも気が付かず、
容姿だけではなく、仕事や彼氏まで
奪おうとした真琴。

 

 

その後、実力のなさか、
結局仕事では周りに迷惑をかけることに
なるのでした。

 

そんな中、後輩からあることを耳にした
里桜。

 

 

それが、真琴の何よりもの本性だったのです。

 

 

すべてがバレても悪いと思わない真琴の結末とは?

 

 

続きはご自身で読んでくださいね。

 

 

『わたし、映えてる?~SNSの痛い女』はBooklive!で
200円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『わたし、映えてる』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です