この記事はネタバレを含んでおります。ご注意ください。

美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される2巻のネタバレと結末【灯里殺される!?倫太郎と結ばれた夜に起きた出来事?】

美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される
作者:餅田こゆび
3巻未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
今回は『美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される』2巻になります。

 

 

1巻から読んでいると、この美雲村…薄気味悪いですね…。

 

 

村の人も何か企んでいる気がしてならないです。

 

 

そして、この2巻でヤバい事が起きてしまいます。

 

 

それは…灯里が殺されてしまうのです。

 

 

灯里殺された!?と急な展開過ぎて驚いてしまいました…。

 

 

なぜ殺されたのかは分からないままなのですが、ただ灯里が殺されたその日。

 

 

灯里は念願叶ってか、倫太郎と結ばれた日でもあったのです。

 

 

『美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>ギャラコミ
『美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される』と検索してください。
※登録無料・継続課金あり

 

美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される2巻のネタバレ

美雲村に来て二日目。

 

 

倫太郎は村で知り合った沙羅、薫、灯里に村を案内してもらっていました。

 

 

そして最後に美雲神社へ向おうとしていました。

 

 

山道を足早に進む沙羅と薫。

 

 

倫太郎は東京に住んでいたこともあり、そんな沙羅達について行くのがやっとでした。

 

 

 

そんな中、灯里は倫太郎と一緒に山道を上ります。

 

灯里が殺される!?倫太郎と結ばれた夜に起きた出来事?

灯里は倫太郎を見ると、いつもの自分じゃない事に気が付きます。

 

 

そして、心臓がドキドキしてしまうのでした。

 

 

灯里の様子がおかしいと気が付いた倫太郎は、灯里の顔をジッと見る。

 

 

すると…益々心臓の音がうるさくなり、顔が赤くなってしまうのでした。

 

 

自分の高ぶる感情に耐えられなくなった灯里は、倫太郎の前から逃げるように走り出す。

 

 

しかし、山道もあって足が滑って転びそうになるのでした。

 

美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される2巻の結末

倫太郎は転びそうになった灯里の体を支えようと灯里の腰に手をまわす。

 

 

そして、体と体が密着します。

 

 

灯里は突然のことに、体に不自然な汗をかいていることに気が付くのでした。

 

 

そして、美雲神社に着くと灯里は思う、自分が倫太郎くんと結ばれたら…。と…。

 

 

そして…。

 

美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される2巻の感想

この2巻…灯里が何者かに殺され、あまりにも急展開で驚いてしまいました。

 

 

そして、倫太郎と灯里はこの2巻で結ばれている事から…。

 

 

きっとその事が大きく関係しているのかな?

 

と感じる内容でした。

 

 

田舎でどこか不気味さを感じるこの美雲村。

 

 

やっぱり何か破っちゃいけない掟みたいなのがある気がします。

 

 

灯里と倫太郎が友達以上になることを気に掛けていたことから、薫だけこの村の事を知っている?

 

 

『美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される』はギャラコミで読むことが出来ます。

 

 

無料お試しもるので良かったら読んで下さい。

 

 

ギャラコミはコチラです。
『美女ばかりの村で俺は祭りの日に殺される』と検索してください。
(ABJ認証・正規版)

 

 

 

解禁(漫画)のネタバレと感想・無料お試し読み【男の身体に興味深々?男を一切しらない少女】