この記事はネタバレを含んでおります。ご注意ください。

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?2話のネタバレ【愛莉はキープ扱い?優位に立っていたはずが!?】

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?
作者:むぎ
3話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
むぎ先生が描く『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』2話を読みました~。

 

 

1話から愛莉の行動と言動にイライラした人は多いのでは!?と思ってしまいます。

 

 

そして、同期の小川さんとマイゼ御曹司の久遠さんとどーなるのだろう?

 

 

と気になって2話も読みました( ´艸`)

 

 

残念ながら2話では小川さんと久遠さんの進展はあまり見られなかったです(´;ω;`)

 

 

しかし、愛莉の方はスカッとする話になっていました。

 

 

やっぱり分かる男性には分かる!

 

 

と、言った感じで愛莉が社内の男性達をキープと思っていたことと同じように男性達もキープと思っていたのです。

 

 

つまり、本気じゃなかったということ。

 

 

社内の男性は皆私のことが好き…。

 

 

そう思い込んでいた愛莉の悔しがる顔にスカッとします。

 

 

『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』
無料お試し読みはコチラ
(ABJ認証・正規版)
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
『みんな私のこと』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?2話のネタバレ

愛莉はマイゼ御曹司である久遠を思い出すとイライラしていました。

 

 

そして、こんなことになったのも、小川のせいだ!

 

 

そう思っていたのです。

 

 

愛莉が不機嫌そうにしていると、隣にいた社内でもエースの長谷川尚人が話かけてきます。

 

 

尚人と愛莉はこの日、2人で遊んでいたのでした。

 

 

そして、この前の飲み会のことを話すと…。

 

 

長谷川は、愛莉が可愛いから他の女から嫉妬されやすい。

 

 

そう後ろから抱きしめながら慰めてくれます。

 

愛莉はキープ扱い?優位に立っていたはずが!?

長谷川に抱きしめられた愛莉は機嫌を直し…。

 

 

落ち込んだ時はイケメンから慰めてもらうのが一番。

 

 

そう思って元気を取り戻すのでした。

 

 

翌日、愛莉が仕事をしていると電話が鳴ります。

 

 

そして、愛莉は外線とわかると電話に出ようとしませんでした。

 

 

他の小川さんと他の女性社員も別の仕事に追われ忙しい。

 

 

愛莉は暇そうにしているのに、電話に出てくれない。

 

 

何度もコールする電話を小川さんが焦って出るのでした。

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?2話の結末

そして、また会社の電話が鳴ります。

 

 

すると、今度は愛莉はサッと電話に出て愛嬌よく話す。

 

 

その電話は内線だったからです。

 

 

小川さんたちは思う、愛莉はいつも外線には出ないけど内線はスグ出る。

 

 

そんな中、愛莉はその日、やってはいけないミスをしてしまうのです。

 

 

そのミスをどうしたかというと…。

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?2話の感想

可愛いから男性職員にチヤホヤされ、皆自分のことが好きなものだと思っていた愛莉。

 

 

しかし、この2話でそーじゃなかったことがわかります。

 

 

優位に立っていたはずが違った。

 

 

そのことに気が付いて腹を立たせる愛莉の姿にスカッとしました。

 

 

男性職員にだけいい顔したり、仕事のミスは人に擦り付けたり…。

 

 

見ている人は見ているし、愛莉の人間性を疑う人だっていると思う。

 

 

『みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?』はまんが王国で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んで下さい。

 

 

まんが王国はコチラです。
『みんな私のこと』と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり
(ABJ認証・正規版)

 

 

 

みんな私のこと「かわいい」って言ってくれるけど本命にはしてくれないね?3話のネタバレ【かわいいだけじゃダメ?尚人が選んだ女性】

御社の不倫の件~絶対に別れさせます~1巻のネタバレと無料お試し読み【社内不倫は会社の損失?ギラギラ系上司があり得ない話】