この記事はネタバレを含んでおります。ご注意ください。

ブラックガールズトーク28話のネタバレと感想【保護者によって態度が違う?矛盾だらけの保育園の先生】

ブラックガールズトーク
作者:マキノマキ
28話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
「ブラックガールズトーク」28話を読みました。

 

 

この話を読んでいるとヒヤヒヤしちゃいました…。

 

 

それは、保護者によって態度が違う!?矛盾だらけの保育士さん
描かれていたからです。

 

 

こんな保育園の先生がいたらイラっとするだろうし、
また、その保育士さんにビシッと物申すママにも
ハラハラしちゃいました。

 

 

でも、悪いのはこの話に出てくる保育士さんだと思いますけどね…。

 

 

それは、忙しくてオムツを変えられずパンパンのオムツで登園してきた保護者さんに、
シングルのパパは良くて、フルタイムで3児のママはダメ。

 

 

という何を基準で判断しているのか?

 

 

保護者によって態度が違うという…。

 

 

これはその保育士さんの個人的な感情なのか?
とにかく、自分の言っていることが矛盾していることに
気が付いていない。

 

 

そこが怖い所。

 

 

そんな、保育士さんは最後にイタイ目みることに?

 

 
「ブラックガールズトーク」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>まんが王国
「ブラックガール」と検索してください。
※登録無料・継続課金なしもあり

 

ブラックガールズトーク28話のネタバレ

これはあやが務める保育園であった話。

 

 

最近産休に入った先生の代わりに、来た塔子先生。

 

 

この塔子先生は厄介な人だったのです。

 

 

塔子先生は経験者ということもあり、
すぐに1歳児の副担任となりました。

 

 

しかし、そんな塔子先生と一緒の1歳児を受け持った
担任の聡先生は明らかに疲弊していました。

 

 

あやが話を聞いてみると…。

 

 

塔子先生の言っていることと
やっていることが違う。

 

 

という話になったのです。

 

保護者によって態度が違う?矛盾だらけの保育園の先生

聡先生は言います。

 

 

始めのうちは塔子先生はスグに保護者と
打ち解けて流石!

 

 

そう思っていたのです。

 

 

そして、男性保育士でもある聡先生に
同じ園で働いている以上、男も女も関係ない。

 

 

男女平等であるべきだ。

 

 

そう聡先生にいっていました。

 

 

そんなある日、
子供たちの受け入れをしていると…。

 

 

シングルファザーであるリナちゃんのパパは、
時間がなくてオムツ替えが出来なかった。

 

 

そう言います。

 

 

すると、塔子先生は、一人で大変ですし、
いいですよ。

 

そう言うのでした。

 

ブラックガールズトーク28話の結末

その後に来たテツくんのママには、
昨日登園前にオムツ替えが出来ていかった。

 

 

替えてもらえないとコチラも困る。
そう注意していたのです。

 

 

これを見た聡先生は、なぜ同じことをしている(登園前にオムツを変えていない)
保護者さんなのに、あんなに態度が違うのか?

 

 

他の保護者さんも見ているのだから
あれはマズイ…。

 

 

そう言います。

 

 

すると、塔子先生はそんな聡先生に
驚くべきことを言ったのです。

 

 

それは…。

 

ブラックガールズトーク28話の感想

独特な判断がある塔子先生。

 

その判断のせいなのか、保護者への態度が違う。
というのは、色んな保護者さんからの反感をかうだろうな。

 

 

という話でした。

 

 

案の定、最後はビシッと言ってくれる人がいたから
スッキリした話でしたが…。

 

 

先生も色んな人がいるのかもしれない…。

 

 
「ブラックガールズトーク」は
まんが王国で読むことが出来ます。

 

無料お試し読みもあるので、良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『ブラックガールズトーク』と検索してください。