はじまらない結婚11話のネタバレと無料お試し読み【浮気を許そうとする陽と木の悲しい言葉】

はじまらない結婚
作者:木村イマ
12話完結

 

こんにちは!漫画花子です。
木村イマ先生の『はじまらない結婚』11話を読みました。

 

 

11話は、木を許そうとする陽が描かれています。

 

 

この11話を読んで、
考えさせられるものがありました。

 

 

それは、どっちを選択しても陽が決めたこと!
となる訳です。

 

 

結婚式当日に浮気をした木。

 

 

それを許すということを選択しているのも陽自身。

 

 

自分が決めたということになります。

 

 

木を許すということは、
木のしたことをすべて受け入れ、
一生その事について許し続ける。

 

 

これって結構苦しいですね…。

 

 

この先結婚生活長いのに、
あんなことがあったののに!と文句いっても、
結局は自分が選んだ道なのですから…。

 

 

陽は木を許せるように色々な事を
考えてきたけど、それは正しいのだろうか?

 

 

そんな陽の気持ちを
決定づける木の言葉が
悲しすぎる…。

 

 

『はじまらない結婚』
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>ebookjapan
『はじまらない結婚』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

はじまらない結婚11話のネタバレ

木が出て行って陽は一人で暮らしていました。

 

 

妊婦でお腹も大きくなっているのに、
何でも一人でこなす自分自身のバイタリティーに
驚かされていた。

 

 

『お腹が邪魔で…』

 

 

洗濯物を干している時、
干しものを取ろうとすると、
お腹が邪魔になってくるのでした。

 

 

木も話したいとたまに、
家に来ていました。

 

 

そして、今日も…。

 

浮気を許そうとする陽と木の悲しい言葉

木は話す。

 

 

今まで誰にも相談することが出来ずに、
心にしまっていた。

 

 

相談すれば、自分(木)が悪者になることが
わかっていたから…。

 

 

そして、陽が名字を変えたくないことや…。

 

 

妊娠しなかったら結婚までしなかったんじゃないか?
って思っていた。

 

 

そんな所にそれを否定しない星が現れて
受け入れてしまったこと。

 

 

最低なことなのに…。

 

そんな自分の心の内を明かす木。

はじまらない結婚11話の結末

陽は思う…。

 

 

それは、木の弱さであって、弱さからの裏切り。

 

 

この木の弱さを受け入れるということは、
この先も陽は、木の弱さを許し続けないといけないこと。

 

 

それを陽自身出来るのだろうか?

 

 

陽は産婦人科の相談所で、
木とのことを相談してみました。

 

 

辛いかったですね。という言葉の後には
子供を一人で育ているのは大変ですよ…。

 

子供、

 

子供…。

 

 

親も同じようなことを言う。

 

そして、悩んだ陽は…。

 

はじまらない結婚11話の感想

浮気を許すって難しいです。

 

 

許せない気持ちもあるのに、
許るそうとするのですから…。

 

 

人の心は矛盾だらけですね…。

 

 

子供のように好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!
とハッキリ出来るといいんですけどね…。

 

 

それにしても、木の悲しすぎる言葉。

 

 

ここまでして結婚生活続ける意味ってあるのかな?

て本当に思います。

 

 

自分の幸せも大事だけど、
相手の選択の自由を奪うほど、
苦しいことはない…。

 

 

『はじまらない結婚』はebookjapanで80円
読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んで下さい。

 

 

ebookjapanはコチラです。
『はじまらない結婚』と検索してください。

 

 

 

はじまらない結婚12話(最終回)のネタバレと無料お試し読み【陽と木の新たな道!変わらず2人はアイスを食べる?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です