フォーチュン・エフェクト18話のネタバレ【私なんか…。自信のない自分と正反対の友達】

フォーチュン・エフェクト
作者名 :廻
18話未完結

 

 

こんにちは!漫画花子です。
「フォーチュン・エフェクト」18話を読みました。

 

 

この18話は『私なんか…。』が口癖の
自信がない女性の話になります。

 

 

この漫画に登場してくる
自信のない女性が友達と
遊んだ時にこう言います。

 

 

洋服を選ぶ時に、

 

『私なんかが選ぶなんておこがましい…』

 

 

友達が待ち合わせ場所に遅刻して現れた時も、

 

『私なんかと遊んでくれるだけでもありがたい』

 

 

一見、謙虚、遠慮がちな言葉に思えます。

 

 

しかし、
この言葉を友達に言われたら、
それは謙虚とか遠慮じゃない気がします。

 

 

逆に、相手は気を遣わせて悪かったな。

 

 

心の距離を感じて嫌な気分になりそうです。

 

 

自信のない女性は、
『私なんか…』と悪気があって
言っている訳じゃない。

 

 

しかし、
その言葉は気が付かないうちに
友達を傷つけているのかもしれない。

 

 

そんな自信のない女性に占い師胡蝶が出した
タロット結果は?

 

 

『フォーチュン・エフェクト』
無料お試し読みはコチラ
↓    ↓    ↓
>>>BookLive!
『フォーチュン』と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

フォーチュン・エフェクト18話のネタバレ

占い師 胡蝶の目の前には、
表情が暗い女性が座っていました。

 

 

その女性は下泉初音(27)。

 

 

初音は胡蝶に話す最初の一言が、
私なんか生きている意味があるんでしょうか?

 

 

そんな風に下向きな感じで話すのでした。

 

 

その様子を見た胡蝶は、
何かあったのですか?

 

 

と話を聞き出そうとします。

 

 

すると、
初音は自分の友達のことを
話始めるのでした。

 

私なんか…。自信のない自分と正反対の友達

初音が友達を遊ぼうと待ち合わせ場所で待っていると…。

 

 

「ごめん~!!」

 

 

友達 芽衣が遅刻して待ち合わせ場所にやってきます。

 

 

そんな芽衣に初音は、

 

 

私なんかと遊んでくれるだけで、
嬉しいから。

 

 

気にしないでね。

 

 

そう言います。

 

 

そんな初音に芽衣は溜息をして、

 

 

「私なんか…」は禁止。

 

 

と軽く初音の頭をコツンと
叩く芽衣なのでした。

 

 

そして、自分で自分を侮辱しないこと。
と芽衣は笑顔で言います。

 

フォーチュン・エフェクト18話の結末

その後、芽衣と初音は一緒にショッピングを
します。

 

 

「どっちがいいかな?」

 

 

芽衣はどっちの洋服が似合うかな?

 

 

と初音に聞いてくる。

 

 

すると、初音は
私なんかが選ぶなんておこがましいよ。

 

 

そう言います。

 

 

芽衣としては、
この色の方が、このデザインの方が
芽衣に似合う。

 

 

と客観的な意見が欲しかった。

 

 

初音の言葉に
子供っぽく『む~~』と
ホホを膨らます芽衣。

 

 

その後も、一緒にご飯を食べていると、
『私なんか…』を何度も言う初音に
芽衣は怒ってしまうのです。

 

 

その理由は…。

 

フォーチュン・エフェクト18話の感想

言葉って難しいですね…。

 

 

相手に嫌な想いをさせるつもりが無かった言葉でも
相手にとっては傷つける言葉になることもあります。

 

 

それが、
『私なんか…』という攻撃的な
言葉じゃなかったとしても、

 

 

気が付かないうちに
相手を嫌な気分にさせてしまって
いることがあります。

 

 

この話は18話だけでは完結しません。

 

 

芽衣と初音が仲直りできることを
願いたいです。

 

 

『フォーチュン・エフェクト』はBookLive!で
165円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『フォーチュン』と検索してください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です