この恋茶番につき6話のネタバレ【茶子を嫌いじゃない!お酒を飲んだ一心の戯言?】

この恋、茶番につき!?
作者名 :山中梅鉢
8話未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
山中梅鉢先生が描く「この恋、茶番につき!?」6話 湯けむり恋慕事件です。

 

 

5話狭山茶フェスから一心も茶子も良い感じですね。

 

 

そして、
6話地元高級旅館からのご招待で
茶子と一心は一泊旅行へ…。

 

 

その旅館で事件が起きます。

 

 

それは…茶子が一心を好き。
と認めてしまう出来事が起きるのです。

 

 

旅館でお酒を飲んだ一心。

 

 

その一心から本音がポロリと出てしまう。

 

 

茶子は始め一心の戯言から思っていたら…。

 

 

あと、混浴で茶子と一心は
一緒にお風呂に入ることにもなります。

 

 

「この恋、茶番につき!?」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>ebookjapan
「この恋、茶番」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

この恋、茶番につき!?6話のネタバレ

ふたばは、パパ やぶきの腕の中で
スマホで動画を見ていました。

 

 

それは、狭山茶フェスの
花ノ木園アピールの動画。

 

 

茶子は一心にお姫様抱っこされた
あのシーンを何度も何度も
繰り返し見ているのでした。

 

 

「そんなに好きか?」

 

 

その様子をみたやぶきは、
ふたばにそう聞きます。

 

 

すると、ふたばは「うん」と
嬉しそうに見ていたのでした。

 

 

やぶきはこの動画が
もっと拡散されるよう、
SNSにアップロードしよう。

 

 

そう話すと、茶子の持っていた
お茶辞典でやぶきの頭を叩くのでした。

 

茶子を嫌いじゃない!お酒を飲んだ一心の戯言?

「よくやってくれた」

 

 

やぶきは茶子にこの前の狭山茶フェスで
花ノ木園のアピール良くやってくれた!

 

 

そう無表情でいいます。

 

 

 

そして、
1枚の封筒を茶子に差しだすのでした。

 

封筒の中を見てみると…。

 

 

「!?」

 

 

それは、
地元高級旅館 湯ノ華旅館の
宿泊ご招待券。

 

 

これには茶子も興奮します。

 

 

湯ノ華旅館は花ノ木園の入浴剤を
使っていて繁盛しているから。

 

と旅館からのお礼のご招待券だった。

 

この恋、茶番につき!?6話の結末

「ぜひご夫婦で来てほしい」

 

 

やぶきは、
招待券を指でもって
ぴらぴらさせながら茶子にいいます。

 

 

旅館はご夫婦を招待したいと言っている。
と…。

 

 

やぶきの言葉を聞いた茶子は、
それは無理な話でしょう。

 

 

一心だって嫌がるはず。

 

 

そう思って近くにいた一心を
チラッとみると…。

 

 

「仕事ならしょうがねぇ!!」

 

 

ものすごい怖い顔で茶子に向かって
そういうのでした。

 

 

旅館に宿泊する当日、
来るはずのない、ふたばが車内ひそんでいて、
3人で宿泊することに…。

 

 

そんな中、旅館がリニューアルした所があると、
茶子たちに貸切風呂を用意してくれていました。

 

 

茶子は一心と一緒に入浴することになって
心の準備をしていると…。

 

この恋、茶番につき!?6話の感想

狭山フェスでは優しかった一心だが、
その後、茶子に対してツンケンしていたらしい…。

 

 

しかし、
お酒を飲んだ一心は、
本音をポロリといいます。

 

 

それは、中学生みたいで
可愛い一面も。

 

 

そんな一心をみて茶子は本心から
一心を好きなことを確信してしまうのです。

 

 

一心の色んな一面がみれてそのシーンすごくいいですよ。

 

 

ドキドキしちゃいます。

 

 

『この恋、茶番につき!?』は
ebookjapanで読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んで下さいね。

 

 

ebookjapanはコチラです。
『この恋、茶番』と検索してください。

 

 

この恋茶番につき7話のネタバレ【一心、茶子へまんざらでもない素振り?神社で…】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です