この恋茶番につき5話のネタバレ【胸キュン!?ふたばに対する一心の言葉が甘すぎる】

この恋、茶番につき!?
作者名 :山中梅鉢
8話未完結

 

 

こんにちは!漫画花子です。
山中梅鉢先生が描く「この恋、茶番につき!?」5話 茶積み娘の苦情です。

 

 

不器用で…でも、
根はものすごーーく優し一心に
ドキドキしちゃいますよね♪

 

 

この5話では、年に1度の狭山茶フェスタ!

 

 

インタビーされた、一心とふたばの夫婦演技に
ドキッとしちゃいました~( *´艸`)

 

 

「二人だけの宝物だから…」

 

 

という、ふたばに対しての一心の甘すぎる言葉に、
こちらも赤面してしまうほどです。

 

 

あの不愛想で怖そうな一心からの言葉ですよ!?

 

 

そして、
ふたばの兄であるやぶきも
面白い!!

 

 

「あんた誰だよ?」

 

 

と言いたいくらいイケメンに
変身していました(笑)

 

 

やぶきはもともとイケメンだったんですね!

 

 

 

とにかく、
花ノ木園の茶葉宣伝のための
茶子と一心のギクシャク!?仲つつましい夫婦演技を
見てください。

 

 

「この恋、茶番につき!?」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>ebookjapan
「この恋、茶番」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

この恋、茶番につき!?5話のネタバレ

一心が朝起きると、
部屋はピカピカに…。

 

 

洗濯物も綺麗にたたまれ、
朝ごはんも出来ていました。

 

 

「……。」

 

 

それを見て何もいわない一心。

 

 

「入浴剤は…」

 

 

別の部屋から茶子とやぶきの
声が聞こえる。

 

 

一心が声が聞こえる方へ行ってみると…。

 

 

週末のお茶フェス(狭山茶フェスタ)の
事で話し合っていたのでした。

 

 

それは、
うちの茶葉が入った
入浴剤を販売するってことで…。

 

胸キュン!?ふたばに対する一心の言葉が甘すぎる

「寝れるときは寝てくださいね」

 

 

茶子は一心の存在に気が付くと、
作った朝ごはんを食べて、
寝れるときは寝てください。

 

 

そうニッコリといいます。

 

 

すると、一心は、

 

 

「何急に…」

 

 

茶葉を作るのは自分の仕事だから
別に気にしなくていい。

 

 

そう冷たく突き放すようにいいます。

 

 

「仲間なのに」

 

 

そんな一心に茶子は
仲間なんだから
信用してほしい。

 

 

そう、怒りながら言うのでした。

 

この恋、茶番につき!?5話の結末

茶子は思う、
急にハリきっている自分も
わかっている。

 

 

茶子自身も花ノ木園を守りたい
そう思うし、

 

 

何より、一心のお茶にたいする強い想いが
茶子をそうさせている。

 

 

『何かできることはあれば』と…。

 

 

そして、狭山茶フェスタ当日。

 

 

他の茶葉園の殺気がすごいことに気が付きます。

 

 

すると、別の茶園のおばちゃんが、
年に一度の宣伝の大チャンスだから!

 

 

だからどの園も、意気込んでいる。

 

 

そんな中、心配して一心を見ると…。

この恋、茶番につき!?5話の感想

ニセ夫婦の一心と茶子。

 

 

そんな中でも茶子が一心に
どんどん惹かれていくところが描かれていました。

 

 

狭山茶フェスで嘘でも、
男性からこんなこと言われたら
誰もがドキドキしちゃいそうです。

 

 

特に、いつも不愛想な一心が
言うのだから効果絶大かと…。

 

 

『この恋、茶番につき!?』は
ebookjapanで読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んで下さいね。

 

 

ebookjapanはコチラです。
『この恋、茶番』と検索してください。

 

 

この恋茶番につき6話のネタバレ【茶子を嫌いじゃない!お酒を飲んだ一心の戯言?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です