家族あつめ2巻のネタバレと感想【気持ち悪い大家さん?暗い奥の部屋から出てきたものに絶句】

家族あつめ~偽りの血族~
作者:高村しづ
2巻未完結

 

こんにちは!漫画花子です。
高村しづ先生が描く「家族あつめ~偽りの血族~」2巻を読みました。

 

 

この2巻…気味が悪いです。

 

 

不気味、奇妙な感じの話が好きな人は
読んでみるといいかもしれません。

 

 

なぜ気味が悪い…奇妙なのかというと…。

 

 

一見普通そうに見える大家の育代おばあちゃん。

 

 

この大家さんが変なんです。

 

 

そもそも、日本人形を
テーブルに座らせてご飯を食べる時
皆の仲間にするとかアリですか?

 

 

いつも大事そうに抱えているし…。

 

 

その時点で、
なんか違和感を感じます。

 

 

この2巻では、更にそんな育代おばあちゃんの
怖い秘密を希美は知ることになるのです。

 

 

「家族あつめ~偽りの血族~」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>e-bookjapan
「家族あつめ」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

家族あつめ~偽りの血族~2巻のネタバレ

下宿に住み始めた希美。

 

 

そして、
壁に書かれた奇妙な文字と
離れの灯に嫌な感じがしていました。

 

 

「おはよう!」

 

 

同居人の大園杏を見つけると
希美は大きな声で挨拶をします。

 

 

杏は、希美にあの家は慣れた?

 

 

大家さん少し変わっているけど害は
ない人だから大丈夫だよ。

 

 

そうニッコリと笑って言います。

 

気持ち悪い大家さん?暗い奥の部屋から出てきたものに絶句

希美は杏に聞きます。

 

 

離れの灯は何なのか?

 

 

離れに近づいたことある?

 

 

すると、杏は離れに近づこうとすると
怒られるから行ったことない。

 

 

そう言います。

 

 

希美は杏の話を聞くと、
あの離れに何かあるんだ…。

 

 

そう心の中で思うのでした。

家族あつめ~偽りの血族~2巻の結末

その日、
大家 育代おばあちゃんの家に
庭師が来ていました。

 

 

そんな庭師の人と話しているうちに、
希美はせっかく綺麗なお庭になったことだし…。

 

 

皆で写真を撮りましょう。

 

 

そんな流れになります。

 

 

そして、
整備された庭園の真ん中に
椅子を置いて集合写真を撮ります。

 

 

「本当の家族になったみたい」

 

 

育代おばあちゃんは写真を見て
そういうのでした。

 

 

希美は着物に興味があるから…。

 

 

みっちゃん(人形)の着物の
アルバムも作っていきたい。

 

 

そう言います。

 

 

そう言う希美に育代おばあちゃんは
若い時に着ていた着物を見せてくれるの
ですが…。

 

家族あつめ~偽りの血族~2巻の感想

1巻から変な気味悪い大家さん。

 

 

というイメージがありましたが、
この2巻で益々おかしい人。

 

 

むしろ、奥の部屋にあった物を
見ると、離れには何があるんだ!?

 

 

と、良くない事を想像して
しまいました。

 

 

「家族あつめ~偽りの血族~」はe-bookjapanで
165円で読むことが出来ます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでみてくださいね。

 

 

e-bookjapanはコチラです。
「家族あつめ」と検索してください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です