ブラックガールズトーク20話のネタバレと感想・無料お試し読み【亭主関白な彼氏?生まれる時代を間違えた男】

ブラックガールズトーク
作者:マキノマキ
20話未完結

 

 

こんにちは!漫画花子です♪
「ブラックガールズトーク」20話を読みました。

 

 

今回は、佳央梨の大学のゼミ仲間の話になります。

 

 

そのゼミ仲間の1人の男性が
佳央梨にとって苦手な人だったのです。

 

 

その理由が、女を見下していたからです。

 

 

結婚したら、亭主関白な人になるだろう…。

 

 

そんな人だったから。

 

 

今は、女性だけじゃなく男性も、
育児、家事をするのが珍しくない。

 

 

しかし、そのゼミ中の男性は、

 

 

「女は専業主婦をして家のことを完璧にするべき守るべき!」

 

 

「俺が働きに行くから親の介護、育児は嫁がやるべき」

 

 

といった感じで、この人は昭和時代の話をしているのか?

 

 

と感じるほど。

 

 

昭和ならきっと良き夫になるかもしれない。

 

 

しかし、今の時代その考え方は通用するのか?

 

 

そんなゼミ仲間の男性に、
佳央梨の心の声が面白かったです!

 

 

「ブラックガールズトーク」
無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>BookLive!
「ブラックガール」と検索してください。
※登録無料・継続課金なし

 

ブラックガールズトーク20話のネタバレ

仕事も終わった佳央梨。

 

 

その日は彼氏の元哉も仕事が終わらず、
1人でご飯を食べて帰ろうかなぁ…。

 

 

そう思っていると…。

 

 

佳央梨に1通のラインがきます。

 

 

ラインの相手は大学のゼミ仲間の田代くん
からだったのです。

 

 

その内容は、
ゼミ仲間だった明石と
飲んでいるから今から来ない?

 

 

そんなお誘い。

 

 

佳央梨は思う…なぜ私を誘うのか?

 

 

田代くんとは大学時代そんなに、
仲が良かった訳でもないのに…。

 

亭主関白な彼氏?生まれる時代を間違えた男

むしろ、佳央梨は田代くんのことが
苦手だった。

 

 

しかし、他にも丸岡くんと宇田川ちゃんもくるよ!

 

 

とラインがきます。

 

 

佳央梨は宇田川ちゃんが来るなら
行きたい!久しぶりに会いたい!

 

 

と佳央梨は田代くんが飲む
居酒屋に向うことにしたのです。

 

 

「みんな、久しぶり~」

 

 

佳央梨が居酒屋に着くと、
すでに、田代くんたちは
飲んでいました。

 

 

そして、明石くんはいないことに
気が付きます。

ブラックガールズトーク20話の結末

佳央梨が着くといきなり田代くんは
言います。

 

 

イケメンの明石がいなくて残念でした!と…。

 

 

佳央梨としては、
別に明石くん目当てで来たわけではない。

 

 

むしろ、
女の子の宇田川ちゃんに
会いに来たのだ。

 

 

なのに、田代くんは
イケメンの明石の名前を
出せば女は来るだろう…。

 

 

まさに、佳央梨は明石につられてきた!
と勝手に思い込んで話し始めます。

 

 

佳央梨がそれを否定すると…。

 

 

女はイケメンに弱いから!知っているから、
まぁそんなに気にすんな!

 

 

人の話を全然聞こうとしない。

 

 

佳央梨が田代くんを苦手て思うのは、
人の話を聞かず、女を見下すところが
あったからです。

 

 

更に、田代くんは…。

 

ブラックガールズトーク20話の感想

昭和時代の男か!?と思うほど田代くんは
亭主関白な男でした。

 

 

 

そのせいで、彼女にフラれるとか…。

 

 

このご時世、
女性も仕事に活躍することも
多いので、彼氏よりも収入が高い。

 

ということも良くありそうです。

 

 

自分が稼いで彼女には家に入って欲しい。
と言う割には…。

 

 

彼女より収入が少ないとか、
ちょっと笑えました。

 

 

「ブラックガールズトーク」は
BookLive!で110円で読むことが出来ます。

 

 

新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。

 

 

登録無料で継続課金もありません。
良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
『ブラックガールズトーク』と検索してください。

 

 

 

ブラックガールズトーク21話のネタバレと感想・無料お試し読み【悲劇のヒロイン女?友人の友達との微妙な関係】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です